« アイフェス京都・続々 | 最新記事 | これ、な〜んだ? »

How to use entities for special characters

 ヨーロッパの、英語圏以外の音楽などを聴くことが多いんですが、たとえばCDの感想をここに書こうにも、ミュージシャン名アルバム名曲名などの表記につまづくことがありました。母音のうえに「´」とか「˜」やら「¨」などが付いている文字の書き方をどうするのか、ですね。

 海外のサイトを見ていると、ちゃんとそういう表記で書かれているので、これはナニか専用のやり方があるにちがいない、と思ったはいいものの、ネット検索してもHTMLの入門書読んでも全然わからなくて。ていうか、インターネットで検索しようにもどういうキーワードで探せばいいのかもよくわかっていないという(苦笑)。だいたいあれって、正式にはなんていうんだ? 特殊文字?? 長音記号???
 
 と、ちょっとあきらめかけていたところ、愛蘭事始:ファダ付文字をどうやって打つか講座経由で Blog Mhíchíl: [Gaeilge] typing を教えてもらい、ようやく解明しました。Mícheál さん、純さん、ありがとうございます!
 
 この記事を糸口にして、W3C®のマークアップガイド More advanced features のページで How to use entities for special characters という項目をようやく発見。ここに「&母音acute;」以外の特殊キャラクタの一覧が載っておりました。
 
 以下、自分用のメモと表示テストを兼ねて。
 
 Áine Minogue-Ó Boro Braindí Braindí
 「Áine Minogue−Ó Boro Braindí Braindí
 
 Talitha Mackenzie-A Fhleasgaich òig
 「Talitha Mackenzie−A Fhleasgaich òig」
 
 Boot-Älvdals Polska
 「Boot−Älvdals Polska」
 
 Hevia-Bãos de Budapest
 「Hevia−Bãos de Budapest」
 
 Ranarim-Bonden och Kråkan
 「Ranarim−Bonden och Kråkan」
 
 おお、他にもポンド「£」(£)とかもあるんだぁ。でも、ユーロが見あたらない〜(^_^;)。


2004 03 12 [face the music] | permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

「face the music」カテゴリの記事

comments

MacOS X の場合、「言語環境」で「アイルランド」を選んぶと、 オプション+母音でファダ付き文字が出てきます。ユーロの記号は、ファント及びソフトが対応しているかによるようです。

posted: (2004/03/12 1:56:45)

こんにちは。ユーロ € の場合は€という無骨な入力なら出ます。しかたないので、ぼくはハ(さ)ミムシの形を連想して覚えることにしました。出るかな。

posted: (2004/03/12 6:01:41)

コメントありがとうございます。

熊谷さん、Mac OSXの件どうもです。この記事はsafariでも問題なく見えてますか?

Michealさん、残念ながらユーロ記号は私のマシンからでは見えませんでした。熊谷さんのコメントにもありますが、環境によって差が出るというのはややこしい問題ですねえ。

posted: (2004/03/12 15:16:45)

それは残念。念のため meta タグの内容を見たら
charset=utf-8
とありましたので、あとは見る環境のフォント設定の問題かもしれませんね、確かに。

 最近のマックのことはよく分かりませんが、ラテン語基本セット、いや、UTF-8 のほうかな、の、フォントを最新のものにヴァージョンアップすれば、ユーロが入っているんじゃないかという気がしますが、ここから先はマック・ユーザの世界の話ですね。たぶん、以前のキャラクターセットにはユーロはなかったはずです。

posted: (2004/03/12 16:02:03)

 あ、なるほど。言われてみれば、私のパソコンはユーロがスタートする以前に作られたOSでした。そりゃあフォントがないのもしょうがないですね(^^:
 とはいえ、今後自分のエントリで書く時には「€」を使ってみようかと思います。ご教示ありがとうございました。重ねてお礼申し上げます。

posted: (2004/03/12 16:26:42)

こんな説明もありました。

(引用開始)
標準ヨーロッパグリフは、ブリュッセルの欧州連合でデザインされ規定されましたが、1998年の後半のMac OS 8.5のリリースに伴い、全てのアップルのMac OSフォントに加えられ配付されました。Mac OS 8.5では以下のフォントでEuroグリフを見ることができます:Apple Chancery, Capitals, Charcoal, Chicago, Courier, Gadged, Geneve, Helvetica, Hoefler Text, Monaco, New York, Palatino, Sand, Skia, Symbol, Techno, Textile,およびTimes。
上にあげたSymbol以外の全てのフォントで、Euro文字がOption-Shift-2(MacRoman Encoding decimal 219, hex 0xDB)に加わり、国際通貨記号を置き換えました。
(引用終了)

posted: Micheal (2004/03/12 17:19:13)

すいません、当方の無知のために、お手数かけておりますm(_ _)m。
ブラウザのフォント設定をあれこれ変えてみるなど、あれこれ試してはいるんですが(汗)。

ま、いちばん手っ取り早いのは「最新OSを使え」ってことなんでしょうけど…、いろいろ事情もありまして (^^;ゞ

posted: (2004/03/12 18:06:10)

ちわっす。窓使いですが,何の設定もせずに全部見えてます。
文字のエンコードは自動でUNICODE(UTF-8)が選ばれてます。
OS は 98-SE,ブラウザはIE6.0です。ご参考まで。

posted: (2004/03/13 0:34:59)

 

copyright ©とんがりやま:since 2003