« ソウテイの範囲内 | 最新記事 | さよなら、丸善京都店。 »

音楽とのつきあい方はこれから変わっていく…のかな。

CD_Rack

 というわけで、いよいよ iTunes Music Store が日本でも始まったワケですが、みなさん何か買いました? 私はとりあえず「高石ともやとザ・ナターシャーセブン:フィールドフォークVol.1 From Nakatsugawa」なんぞをアルバムで購入、さっそく懐かしさに浸っております(笑)。あと「タブラトゥーラ」は迷い中。洋楽方面は、ジャズやフレンチポップスを無節操に買ってしまいそうでちょっと怖いので、あまりじっくり見てましぇん(爆)。
   1曲150円から200円という価格はおおむね妥当と見る向きが多いようで、まあなんにせよ安いことはいいことだ、みたいな雰囲気がユーザーの間にただよっているようですが、私は、場合によっちゃうんと高くしても構わないとも思ってます。こんなこと書くと変人と思われそうだけど、気軽に安上がりで手に入るモノだと、その分いつでも簡単に捨てられてしまうような気がしてならないんですよね。100円ショップで買ったモノをいつまでもいつまでも大切に使い続けるって奇特な人、どれくらいいます? ま、そもそも、ほとんどのモノはそれほど長持ちしないかもしれませんが(^_^;;)。
 というか、曲によって幅があるといいと思うんですよね。たとえば、当のミュージシャンが「この楽曲は思いっきりチカラ入ってるんで、ぜひとも500円でお願いしたい」とか「ま、この曲なら100円でもいいかなー」とかやってくれたら面白いかも。でもって買う側も、ホントに好きな曲だから1曲1000円でも買うぜ、という気合いの入ったファンが現れてもいいハズだし。
 あるいは、同じ曲でも超高音質ヴァージョンならちょっとお高くなりますけどぉ、みたいな選択肢があってもいいと思う。ま、このあたりは、もう少し市場が成熟していけば、多様な試みが登場することでしょう。そこまで要求する前に、まずは自分の好みのジャンルをもっともっと充実させてもらいたいものではあります。
 
 
 で、今後、音楽のダウンロード販売がデフォルトになっていくとすれば、CDを持ってるなんて方が珍しくなっていくんでしょうかね。パッケージソフトは決してなくならないにしても、やたらデザインに凝ってるとか、フィギュアなんかのオマケがいっぱい附いたCDしか売れなくなっていくとか、そういう風になっていくのかしらん。あと15年もすれば、↑の写真のような、CDで溢れてる部屋なんて、すっげえ珍しい目で見られてしまうのかも。ううむ。
 
 
 
 現実問題として、すでに「店頭でCDを買う」こと自体が、徐々に難しくなってきている…ような気がします。なにしろ、タワレコやHMVのようなメガストアに行くか、Amazonなどの通販を使わないと、欲しいタイトルがまったく見つからないんだもんなあ。
 近所には、地元では有名な中堅どころのチェーン店もあるにはあるのだけど、ここ1〜2年で品揃えがすっかりDVDにシフトしてしまったのが痛い。以前なら仕事がえりでもショッピングを楽しめたものだけど、最近は行ってもめぼしいモノがまるでなく、かといってメガストアに行っても、今度は売り場面積のあまりの広さにうんざりして、なにもみつけられず疲れて帰ってしまうこともしばしば。…まあ、このあたりの事情は、本を買う場合とそっくりなんですけどね(そういえば、丸善・京都河原町店が秋に閉店というニュースは本当に悲しい)。
 
 
 もうひとつ気になるのは、まぁ何を今さらなんだけど、ただでさえ自分のパソコンって、まず他人には見せたくない、個人情報のカタマリじゃないですか。メールしかり、撮りためたデジカメ写真しかり。なにも法律に触れるようなヤバいブツがあるってことじゃないけど、それなりにそのヒトの個人史なりプライヴェートなりがぎっしり詰まっているわけで。そんなハコに、さらに音楽まで蓄積させていくってのは、どうなんでしょうね。
 PCがあればテレビもいらないって時代、ネットバンキングだって当たり前な2005年まっただなかに言うセリフでもないでしょうけど、あらゆる情報端末をPC一台に集約させていくのって、リスクマネジメントって面からすればどうよって気もする。せめて好きな音楽くらい、PCとは無関係に聴きたいじゃないの…ねぇ。

2005 08 07 [face the music] | permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

「face the music」カテゴリの記事

comments

丸善の閉店は、びっくりですねえ。
最後の日には、檸檬を本棚に置きに行こうと思っているのですが、おそらくたくさんの檸檬が「爆弾」として、置かれるのかなあと思っております。まさか梶井基次郎も、こんな結末があるとは思いますまい。

posted: Helga (2005/08/09 17:42:24)

 

copyright ©とんがりやま:since 2003