« 進化か変容か〜ragúsのこと・ふたたび〜 | 最新記事 | 海の道・山の道 »

暑中お見舞い(^_^)

 
 申し上げます。…といっても今年の夏はなんだか涼しいですね。台風4号が過ぎた直後から蝉はじゃんじゃん鳴いているけれど、いまいち元気がないような。
 
 まあ、せっかくなので夏らしい写真でも。

Mini15

 これ、ミニチュア写真「風」に見えます? デイリーポータルZのこの記事を参考に、Adobe Photoshopでチャレンジしてみたんですけど、いかがでしょう。
 やりかたは、たぶんいくつかあるんでしょうけど、私はもと画像のレイヤーを複製→ぼかし(ガウス)をかける→レイヤーマスクを付加→ピントを合わせたい部分をグラデーションツールを使ってマスクする…という方法を取ってます。これだともと画像はさわらずにすみますし(画像によってはもと画像にシャープネスをオーバー目にかけて、コントラストを強調するのもアリ)、マスク版も何度もやり直しが可能です。
 
 リンク先の記事にもあるように、この手法(というか加工)には向き・不向きがあって、どんな画像でもOKというわけではなさそうです。とりあえずは乗り物を主題にすると、比較的簡単にミニチュアっぽく(というかおもちゃっぽく、かな)なりますね。

 

Mini16

Mini06
Mini14
Mini13

 あと、広角気味で撮った風景写真もわりとやりやすいかも。ポイントは遠近感・奥行き感のある画像を使うことでしょうか。ちなみに、このエントリに使った写真はどれも「何かのついで」に撮ったものばかりで、こういう加工をするつもりで撮ったものではないです。

Mini08

Mini09
Mini10
 うーん、改めて見直してみると、どれもちょっと「ぼかし」がきつすぎだな(汗)。このへんの加減は、要するに「慣れ」でしょうか。仕上がりサイズ(解像度)によってぼかす数値が変わるのはもちろん、画像の内容によっても最適な値は異なるので、何度もトライしてみるといいかもしれませんね。

 

Mini03

Mini01
 あと、これは私だけの好みかもしれませんが、仕上げにトーンカーブを調節してぐーんと明るくし、画面ぜんたいのトーンをフラット気味にしてやると、より一層「ジオラマっぽさ」「おもちゃっぽさ」が強調される気がします。

 

Mini02

 こういう写真にはゴジラのフィギュアなんかを合成したら完璧でしょうね(笑)

 

Mini11

 ジオラマをさらにジオラマ風に加工してみる…って、これはあまり意味ないか(^^;)
 
 
 
 
【おまけ】
Antique
 これもPhotoshopで、アンティーク風に加工してみました。CS3では調整レイヤーに新しく「白黒モード」ができて、こういうモノトーン加工が格段に便利になりました。昭和30年代っぽく見えるかな(背景のマンションがなければなぁ…)。
 
 

2007 08 01 [design conscious] | permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

「design conscious」カテゴリの記事

comments

 

copyright ©とんがりやま:since 2003