« 引っ越し日記 | 最新記事 | ビフォー/アフター日記 »

初挑戦・D-Movie × iMovie

 
 先日、Nikonのデジタル一眼レフカメラ「D90」(2008年9月17日発売)に触れる機会があったので、ちょこっと遊んできました。
 カメラの善し悪しを云々できるほどの能力は持ち合わせてないのでインプレッションはパスしますけど、取扱説明書を1ページも見ることなくいきなり使ってもちゃんと撮れます。って当たり前か。
  
 このカメラ、世界初の<動画も撮れる一眼レフ>です。いまどきビデオ機能なんてコンデジやケータイに当たり前に付いてますし、逆にこの手の高級専用機でこれまでビデオすら撮れなかったことを不思議に感じる向きもあるかもしれません。とはいえD90の動画機能をメーカーがわざわざ「D-Movie」とネーミングする程度にはこのジャンル的には画期的な出来事なんでしょうね(コンデジには当たり前って書きましたが、アレってみなさんふつうに使ってるのかな。自分のにも付いてますけど、わたしは一度も使ったことがないです。ビデオにはあまり興味がないってだけかもしれませんが)。コンデジのビデオ機能や普通の家庭用ビデオカメラと違うのは「レンズが交換できる」「背景をボカした映像が撮れる」というあたりでしょうか。そういうメリットを生かした映像にどれだけ需要があるのかは知りませんけど。
 
 ところで、わたしのMacBookには「iMovie」というApple社の動画編集ソフトがプリインストールされてますが、これまで一度も立ち上げたことがありませんでした。
 そこで今回、取扱説明書をぜんぜん読まないままいきなり撮った「D-Movie」(とスチル写真)を素材にして、同じくマニュアルを全く見ないまま「iMovie」を使って編集してしまおうと思い立ち、やってみました。できあがったものはやはりいかにも初心者風?のイメージビデオ、でもこれだけ作れたらシロートとしては満足かな。もっといろんな凝ったことがしたかったら、それなりの高価なソフトを使わなきゃなんないんでしょうけどね(なお、BGMもiMovieのオマケの素材集から使っています)。

 今回、勢いに任せて作ったのは「朝(3分22秒)」「昼(2分07秒)」「夜(1分56秒)」の三本立て。撮影に要した時間はそれぞれ小一時間ほど、編集作業はなんだかんだでのべ10時間くらいかな? ホントはもっと簡単に素早くできるんでしょうけど、使い慣れないソフトの試行錯誤にかなりの時間を取られてしまいました。
 

 

 

 
 
 iMovieは映像の切り貼りやカラー調整も自在でかなり使いやすいんですけど、反面細かな作業にはあまり向いてなさそう。例えば、音楽とのシンクロなんかはもっとキレイに合わせるべきなんですが、なかなか思うようにいかないもので。それと、映像を早送りで見せたかったシーン(「昼」の中ほど、鉄塔の背後の雲が流れていく様子をハイスピードで流したかった)もあったんですが、このソフトでは不可能なのかな。


 
 ともあれ、特にテーマも考えず行き当たりばったりで撮った素材を、あまり考えずに適当につないだだけなので、ストーリーなんてものはありません。タイトルや音楽を付けたらそれらしく見えるようになりましたが、明確なコンセプトのもとに作ったというよりも音楽を合わせていったらこうなっちゃったという「できちゃった婚」ならぬ「できちゃったムービー」。違う音楽を選んでいれば全然違うモノになったでしょうね。「まナシ」「ちナシ」「みナシ」だから「やおい動画」とでも呼びたいんですが、ダメかしら。


 

 
 これをきっかけにビデオ制作に目覚めた…ってことは(今のところ)ありませんが、それなりにいろいろ楽しめそうなカメラであり編集ソフトだろうということは実感できました。でもまあ、こういうオモチャでゆっくり遊べる時間こそが欲しいですねえ。

 

2008 10 01 [design conscious] | permalink このエントリーをはてなブックマークに追加

「design conscious」カテゴリの記事

comments

お久しぶりです・・・あら、お買い上げ!?
3本とも楽しませていただきましたが、本当に映像扱うの初めてですか?8ミリ時代の経験があるとか、してません?
鉄塔は面白い素材でした。普通は高圧線の鉄塔直下は立ち入り禁止ですが、こんな所もあるんですねえ。いや面白いです。ズームであんな事やこんなコトしたら楽しいだろうな、ってな場所ですね。
これまでのムービーカムは運動会や入学式ターゲットで、望遠や如何にシャープに撮すかがウリでしたけど、これからは広角やボケを生かした映像が簡単に出てくるワケですね。って私が出来るわけではないですけど。
「作品」と呼べるレベルのものがもっとネット上に溢れてくるかと思うと、なんだか楽しくなってしまいます。
ぜひ、第2弾もお待ちしてます。

posted: Fujie (2008/10/02 2:02:58)

 イベントの記録で、三脚に固定しっぱなしで延々録画したことが2〜3度ありますが、ビデオはその時にさわった程度です。
 鉄塔、面白いですよねえ。真下に入れるのはおっしゃるとおり希少ですが、あの場所は前から知っていたわけではなくホントにたまたまだったんです。
>ズームであんな事やこんなコト
 おお、どんなコトでしょ。見てみたいですぅ。
>ぜひ、第2弾も
 もっと高機能な編集ソフトが欲しくなりますが、買っても覚える時間がなさそうで(^^;)

posted: とんがりやま (2008/10/03 16:53:46)

 

copyright ©とんがりやま:since 2003